×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

公共料金もクレジットカードでお支払い

トップページ>>コラム ゴールドカード

一時は見向きもされなくなったゴールドカード?

クレジットカード ゴールドカードは年会費が高いうえ入会資格条件も厳しく、一般に30歳以上で定職があり、年収500万円以上となっています。
バブル前は第一次ゴールドラッシュと呼ばれ、多くのカード会社はヤングゴールドやスーパーゴールドカードなど、さまざまなゴールドカードを発行して持たせようとしたが、バブル後はゴールドカードの人気がなくなりゴールドを持つ人は減少しました。
ところが、最近の株ブームなどの影響で、またゴールドカードが見直されてきて、
他人と違うカードを持つニューリッチと呼ばれる人たちは、自分だけのサービスを受けたいと思うようになっているのです。
その影響でゴールドカードのサービスも一般カードに比べるとかなり充実していて、カード会社は女性向けのゴールドカードや、一段階上のプラチナカードを発行し始めたのです。
年会費にふさわしいサービスとしては、海外旅行傷害保険の充実があげられますが、最高1億円までの補償が受けられるので、万一、旅行中に事故やトラブルに遭っても相応なケアをしてくれます。
さらに忙しい時に飛行機などのチケットの手配や、ホテルの予約をしなければならないときなどは、電話1本すれば手配してくれるので、その点では忙しいビジネスマンなどには便利です。
限度額を上げることだけを目的とするならば、《セゾン》プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード【ダイナースクラブカード】 のような利用限度額の設定のないカードに入会する方法もあり、ゴールドカードはにステイタスや見栄で持つものから、優良なカードユーザーが具体的に使えるものに変わってきているので、それをよく考慮して、自分に合ったゴールドカードを選びましょう。
カード会社にゴールドカードのメリットについて尋ねると、持ったときのステイタスの高さと充実したサービスの大きく分け2つの点です。
さらに利用限度額が一般カードが40万〜50万円に対して100万〜200万円と高く設定されていることもメリットです。
また選ばれた人だけが持てるはずのゴールドカードも、インフレ気味の今は比較的容易に持てるようになっているので、ステイタスの高さを実感しようと思うなら、国内にいてもはあまり実感できないでしょう。
またゴールドカードは、旅行のときには使える特典が多いのですが、それ以外のことになると一般カードと変わらなく、すべての会員が満足できるほどの特典が付いているわけではないのです。
単に箔を付けたいとか、見栄でゴールドカードが欲しいだけなら持つのはやめたほうが良く、自分にとって何んらかのメリットがあると実感できれば持つのもいいでしょう。




Copy Right(C) 公共料金もクレジットカードでお支払いAll Right Reserved.

トップページ Q&A


NEW 公金クレカ支払い手順


NEW クレジットカードなコラム


NEW 公共料金対応一覧表


NEW コンビニで電子マネー


クレジットカードの歴史


クレジットカードの申し込み方


クレジットカード決済の仕組み


クレジットカードの各種サービス


意外と知らない特典各種


クレジットカード用語集あ〜た行


クレジットカード用語集な〜わ行


クレジットカード公式サイトリンク


お問い合わせメールフォーム


推薦図書(Amazon)